会社設立 税理士 必要

  • 会社設立のメリット・デメリット

    会社の設立にあたり、メリットとデメリットを知っておくことは必要になります。 メリットとしては、第1に、個人営業主に比べて信頼を得られることが挙げられます。会社の設立には登記が必要になり、登記事項には代表取締役の氏名や住所や会社の資本金など、細かな情報を記載する必要があります。会社を設立するには条文に則った手続きが...

  • 会社設立の流れ

    株式会社の場合、会社設立は①定款の作成→②公証人による定款の認証→③出資→④登記という大きな流れがあります。基本的にこれに沿って必要な手続きを踏んでいけば無事に会社設立を達成することができます。 ①定款の作成定款とは、会社の仕組みを定めたルールのことをいいます。法律で細かく規定をしていないので、自分で定める必要が...

  • 会社設立に必要な手続き

    設立の流れとしては、発起人が設立時発行株式を取得した後、①定款の作成、②出資の履行、③設立時の役員等の確定、そして、後に紹介する設立登記が必要になります。 ①定款の作成会社法では、株式会社を設立するには、定款を作成し、発起人の全員がそれに署名または記名押印しなければならないとされています(会社法26条1項)。記載...

  • 会社設立後に必要な届出

    会社設立に関する所定の手続きが終わった後にやることとしては、設立の登記が必要なこととしてあげることができます。 株式会社は、本店の所在地において設立の登記をすることにより成立するため(会社法49条)、株式会社の設立手続きは設立登記により完了するといえます。設立の完了による効果として、法人格の取得が認められること、...

  • 会社設立にかかる費用

    さらには、従業員を雇うならば人件費が発生し、設備投資などが必要であれば、さらに出費は嵩むことになります。設立する会社の種類により異なる部分もありますが、いずれにせよ、会社の設立には多大な費用がかかるのは間違いありません。 具体的な費用としては、公証人により定款を認証してもらう費用と、法務局への設立登記の申請費用で...

  • 資金繰り

    この資金繰り表を作成し、現在の事業を係属するためにはどれほどの資金が必要であるのか、売上げの減少などのアクシデントがあった場合にこれをどれだけ耐えることができるのか、ということを確認します。 以上のように資金繰りは行われますが、資金繰りは会社を経営する場合に非常に大切である一方で、会社の現状把握や資金繰り表の作成...

  • リスクマネジメント

    さらに、セキュリティ面でのリスクとして、最も注意が必要なのは、情報が漏えいしてしまうかもしれない点です。単純な従業員のミスによる情報漏えいもあり得ますが、近年ではサイバー攻撃などの無形的方法での情報漏えいも増えています。最後に、コンプライアンス面でのリスクもあります。コンプライアンス面でのリスクの代表的なものとし...

  • 事業承継

    一方、事業承継を行うためには、一定の計画を練る必要があるので経営者に負担を強いることになりますし、働いていた従業員や従来からの取引先から不平を言われる可能性もあります。 次に、事業承継の流れについてご紹介致します。まずは、①事業承継を代行してくれる専門家を見つけることです。これは必須ではありませんが、多額の金銭の...

  • 創業支援の流れ

    会社を創業するにあたり、税理士は法律、税務のプロフェッショナルという立場から、様々なアドバイスをすることができます。ここでは、この税理士の行う、創業支援の流れをご紹介致します。 まず、最初に行うこととしては、会社設立の支援をすることです。会社を設立するには、「会社の目的」、「商号」、「本店の所在地」、「設立に際し...

  • 創業支援を税理士に依頼するメリット

    会社を創業する際に税理士に依頼することのメリットはどこにあるのでしょうか。具体的に、税理士が行うことのできる業務について説明致します。 まず、税理士が行うことのできる業務として、会社設立の際に必要となる煩雑な手続を代行することが挙げられます。会社設立を行う際には、「会社の目的」、「商号」、「本店の所在地」、「設立...

  • 税務顧問契約

    会社を経営するにあたり、確定申告や法人税をしっかりと対処していく必要があるのはいうまでもありません。しかし、日本の税制はやたら煩雑であるし、申告期限も守る必要があります。こういう状況の中で、税理士を顧問として雇うという手段、つまり税務顧問契約を結ぶことが有効になってきます。 税理士とは税制法に関する知識と経験を兼...

  • 記帳代行

    そこで、税理士に貴重業務を代行してもらう、記帳代行という手段があります。 記帳代行とは、文字通り記帳を代わりに行ってもらうサービスのことをいいます。記帳代行を専門とする記帳代行会社もありますが、基本的には税理士が他の税務と合わせて記帳代行を行うことが多いです。 記帳代行のメリットは第1に、作業の手間を省くことがで...

  • 資金調達

    そこで、税理士に資金調達をしてもらうという方向があります。 ここでいう資金調達とは、広く会社経営のために必要な資金等を調達することをいいます。そのため資金調達の方法にもさまざまな種類があります。 まず、日本政策金融公庫や信用保証協会などの公的な機関から融資(補助金)を出してもらうことです。これは特にまだ社会的な信...

  • 節税対策

    法人税にしろ所得税にしろ、1年間の収入から必要経費(所得税については、これに加えて所得控除)を差し引いたものに税率を掛けたものが収めなければならない税金になります。 税率は法律で決まっていますから変えられませんので、このうち納税者が自力で変更することができるものは必要経費になります。必要経費として計上できるものを...

  • 事業計画の見直し

    そこで、税理士に相談し、協力して事業計画を見直すことができます。 坂井俊亮税理士事務所は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を中心に、会社設立や税務相談・顧問、経営相談など、お客様のトラブルを解決致します。どんな些細なものでも構いませんので、お気軽にご相談ください。 

  • 事業再生

    ご自身でどの手段によるかを決定することもできますが、専門家である税理士と相談して行うことで効率的に事業再生を行うことができます。 坂井俊亮税理士事務所は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を中心に、会社設立や税務相談・顧問、経営相談など、お客様のトラブルを解決致します。どんな些細なものでも構いませんので、お気軽にご...

  • 創業融資支援

    そこで、法律や税務のプロフェッショナルである税理士に相談することも一つの選択肢です。 坂井俊亮税理士事務所は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を中心に、会社設立や税務相談・顧問、経営相談など、お客様のトラブルを解決致します。どんな些細なものでも構いませんので、お気軽にご相談ください。 

  • 創業前相談

    会社を新たに創業する際に税理士に相談することは多くのメリットがあるといえます。では、創業前に相談することのメリットはどこにあるのでしょうか。 最初に挙げられるメリットとしては、できるだけ早い段階から相談を受けることで、税理士も会社の状況や会社の状態をみて、適切な準備をすることができる点です。例えば、創業に際して、...

よく検索されるキーワード

資格者紹介

坂井俊亮税理士の写真
坂井 俊亮さかい としあき 東京税理士会所属(登録番号126270)

近年めまぐるしく変わる経済状況に対して税制改正が行われる中、多種多様のお客様に対応させて頂いております。
お客様のニーズに合わせ、身近に感じられる存在としてお付き合いさせて頂ければ幸いです。

何かお困りのこと、ご質問・ご相談、お気軽にご連絡頂けると幸いです。

  • 2000年3月 法政大学第二高等学校卒業
  • 2004年3月 法政大学経営学部経営学科卒業
  • 2006年8月 TAC株式会社 税理士講座非常勤講師(現任)
  • 2007年8月 個人税理士事務所勤務(退職)
  • 2013年3月 立教大学大学院経済学研究科修士課程修了
  • 2014年2月 税理士登録、坂井俊亮税理士事務所開設(現任)
  • 2015年4月 株式会社ベリーズ・インク監査役就任(現任)
  • 2016年4月 ベリーベストエスクロー株式会社監査役就任(現任)
  • 2016年7月 合同会社AYAYA代表社員就任(現任)
  • 2017年4月 株式会社龍土町コンサルティング取締役就任(現任)

事務所概要

名称 坂井俊亮税理士事務所
税理士 坂井俊亮(さかい としあき)
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿一丁目36番1号 東京136ビル2F
連絡先 TEL:03-6272-3753 / FAX:03-6384-2383
対応時間 平日 9:30~17:30(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
アクセス

新宿三丁目駅8C出口より徒歩4分

新宿御苑前駅3番出口より徒歩3分