坂井俊亮税理士事務所|東京都新宿区の会社経営・税務相談 > 経営相談 > 資金繰りとは?基礎知識やポイントなどわかりやすく解説

資金繰りとは?基礎知識やポイントなどわかりやすく解説

会社の経営状態を図るものの一つとして資金繰りが挙げられます。資金繰りとは簡単に、会社の資金の流れのことを指しており、資金繰りが悪化するといくら経営状態が黒字であろうともその影響で倒産する可能性も考えられます。

資金繰りを良くするためにはどのようなポイントがあるのかということも含めて解説していきます。

 

資金繰りとはキャッシュの巡り
会社の資産と呼ばれるものは様々なものがあります。例えば、現預金などのいわゆるキャッシュ、そして有価証券、その他にも不動産や社用車などといった固定資産もあります。これらをまとめて「資産」と呼びますが、この資産の中でも現預金などの「流動資産」と呼ばれるものが非常に重要になってきます。流動資産、キャッシュがなくなるとどのような問題があるのでしょうか。

 

■不測の事態の流動性が担保できるか
特にコロナウイルスのまん延によって顕著になりましたが、業績が悪化した際に運転資金が少ないと不測の事態に対応することができません。従業員の給与や経費などはキャッシュから消費されることが一般的であるためです。

そのため、固定資産が仮に多い企業の場合だと、業績が悪化するとこの流動性の悪い不動産などを処分して現金化する必要があります。

この現金化もすぐにできるわけではないため、資金繰りが悪化して倒産する可能性も高まるというわけです。

 

■不測の事態に対応できる資金を手元に
不測の事態でも対応できる現預金や現金化しやすい流動資産を手元に置いておくということが大切になってきます。

そのためにも、運転資金の半年分などといった基準を設けて資金の確保を行っていくことが重要になってきます。

 

坂井俊亮税理士事務所は、東京、神奈川、埼玉、千葉を中心に活動しております。
経験豊富な税理士が税務や経理、経営に関して適切なサポートをいたします。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

よく検索されるキーワード

資格者紹介

坂井俊亮税理士の写真
坂井 俊亮さかい としあき 東京税理士会所属(登録番号126270)

近年めまぐるしく変わる経済状況に対して税制改正が行われる中、多種多様のお客様に対応させて頂いております。
お客様のニーズに合わせ、身近に感じられる存在としてお付き合いさせて頂ければ幸いです。

何かお困りのこと、ご質問・ご相談、お気軽にご連絡頂けると幸いです。

  • 2000年3月 法政大学第二高等学校卒業
  • 2004年3月 法政大学経営学部経営学科卒業
  • 2006年8月 TAC株式会社 税理士講座非常勤講師(現任)
  • 2007年8月 個人税理士事務所勤務(退職)
  • 2013年3月 立教大学大学院経済学研究科修士課程修了
  • 2014年2月 税理士登録、坂井俊亮税理士事務所開設(現任)
  • 2015年4月 株式会社ベリーズ・インク監査役就任(現任)
  • 2016年4月 ベリーベストエスクロー株式会社監査役就任(現任)
  • 2016年7月 合同会社AYAYA代表社員就任(現任)
  • 2017年4月 株式会社龍土町コンサルティング取締役就任(現任)

事務所概要

名称 坂井俊亮税理士事務所
税理士 坂井俊亮(さかい としあき)
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿一丁目36番1号 東京136ビル2F
連絡先 TEL:03-6272-3753 / FAX:03-6384-2383
対応時間 平日 9:30~17:30(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
アクセス

新宿三丁目駅8C出口より徒歩4分

新宿御苑前駅3番出口より徒歩3分